お知らせ, シャンウエイの家庭でできるプロのレシピ

簡単タマゴチャーハン プロのレシピ vol.2

XO醤で作る簡単タマゴチャーハン 家庭でできるプロの味 vol.2

青山 シャンウェイでは家でも簡単にできる「本格中華」のプロのレシピをご紹介させていただきます。ぜひ、ご家庭でも、本格中華を試してみてください。

第二弾は、「XO醤で作る簡単タマゴチャーハン」です。

XO醤で作るタマゴチャーハン

チャーハンはコツさえ覚えてしまえば、とっても簡単に作れます。お客様とお話しいていると、「意外と苦手で家では作らない」「仕上がりが今一つ」という声をよく伺います。そこで、XO醤だけと玉子だけを使ったシンプルチャーハンをご紹介します。もちろん、IH調理器でも美味しくできます。

冷たいご飯が冷蔵庫にあったり、また冷蔵庫の中が空っぽ、のときなど、重宝するメニューです。

XO醤は市販のものをお使いいただければよいのですが、青山シャンウェイでは、風味豊かなにじっくりと作った自家製XO醤を販売中です。ビン詰めですので、調味料の一つに加えていただくと料理のバリエーションが広がります。

材料(約2~3人前)

  • ・冷ごはん 茶碗3杯
  • ・玉子 2個
  • こだわりおやじのXOジャン 大さじ1~2(なければ市販のXO醤)
  • ・塩 一つまみ
  • ・サラダ油 適量

作り方

  • ① ごはんを炒める前に一工夫します。
    冷ごはんをボールや大き目のどんぶりに入れ、XO醤をいれて、しゃもじでよく混ぜ合わせます。チャーハンは炒めはじめると一気に仕上げたほうが、美味しく仕上がります。ですので、あの調味料はどこだっけ、この調味料はどれだっけと、探している時間を省くため、先にご飯に混ぜ合わせます。
    チャーハンを炒める前にごはんとXO醤をしっかりと混ぜ合わせておきます。
    XO醤とごはんがこの程度混ざれば準備完了です。
  • ② 玉子をボールに溶きほぐします。
  • ③ 熱したフライパンに、②の玉子を入れます。
    玉子が半熟になったらご飯をいれます。
  • ④ ③が半熟になったら、①を入れ、強めの火でしっかりと炒めます。このときヘラなどでご飯をほぐしますが、お米をつぶさないようにします。
    半熟になったらごはんを入れ手早く炒めます。
  • ⑤ ④に塩を振り、味が整っているようだったら、器に盛ります。
    強めの火でしっかりと炒めます。 このとき、ヘラなどでご飯をほぐしますが、 お米をつぶさないようにします。

シェフのここがポイント!

シャンウェイシェフのここがポイントごはんを炒めるときは、フライパンの中でご飯をつぶさないように「ほぐ」してください。
チャーハンを炒めるときにフライパンを「アオる」のが一番よいとされていますが、IHなどでは手早く切るように炒めることでも十分おいしいチャーハンが作れます。

お持ち帰り用 シャンウェイ特製 こだわりおやじのXO醤 好評販売中

青山シャンウェイ特製 こだわりおやじのXO醤今回のレシピで使用した、ご家庭でもプロの味が楽しめる「シャンウェイ自家製 こだわりおやじのXO醤」を店頭・通信販売で販売しております。貝柱など素材の旨味・風味をこわさないように、時間をかけてゆっくり丁寧に作っています。ぜひ、一度お試しください。
青山シャンウェイ通信販売サイトはこちらから


Comment





Comment