おすすめメニュー, お知らせ

海老と野菜のロンジン茶炒め。

海老と野菜のロンジン茶炒め。甘く涼しげな龍井茶の香りが決め手の鉄板料理です。

ronjintea_03

青山シャンウェイといえば鉄板中華。オーナーシェフ佐々木孝昌がその昔、上海の街中でみかけた鉄板を使っての調理、そして出来立て熱々をお客さんが頬張る光景に感銘を受けて、神宮前・青山にオープンさせて10年が経過しました。

鉄板を使ったお料理で人気なのが、やはり烏龍茶の炒飯。烏龍茶や烏龍茶葉を使って作るそれは、シンプルながらも高い烏龍茶の香りが楽しめる一品。パラッとした部分と、鉄板ならではの「オコゲ」の部分とのバランスも多くのお客様に喜んでいただいております。

鉄板中華、今回ご紹介するのは、海老と中国野菜のロンジン茶(龍井茶)炒め。

大きめの海老に、生のザーサイ、紅心大根、マコモダケなど普段はあまりお召し上がりにならないであろう、中国野菜を鉄板で炒めます。
※野菜はその日の仕入れ状況によって異なりますので、予めご了承ください。

味付けは、シンプルに塩、そしてロンジン茶(龍井茶)。

このロンジン茶は、緑茶の部類に入りますが、その中でも最も高価ながらも人気のお茶の一つ。淡泊、淡い味わいながらも、甘く涼しげな味と香りが立つお茶です。アンチエイジング、食中毒対策や口臭の予防に効く殺菌効果、免疫力アップなど多くの効能があるともいわれているお茶です。

このほのかに香るロンジン茶が、海老や野菜それぞれの味と香りの引き立て役となってくれます。

青山シャンウェイへご来店の折には、ぜひ名物鉄板調理のお料理もぜひお楽しみください。皆様のご来店をスタッフ一同、こころからお待ち申し上げております。

2014-08-04 | Posted in おすすめメニュー, お知らせNo Comments » 
Comment





Comment