おすすめメニュー, お知らせ

おこげも美味しい烏龍炒飯。

おこげも美味しい炒飯。青山シャンウェイの鉄板調理の人気No1「烏龍茶の炒飯」

おこげも美味しい炒飯。

鉄板で調理された料理の数々を、人々が美味しそうに頬張る姿。これは、青山シャンウェイのオーナーシェフがその昔、上海の街で見かけた光景。

そのとき人々が目の前の鉄板で調理された熱々の料理を口に入れるたびに幸せそうな顔をしていたのが忘れられず、中華料理を鉄板を使ってオープンスタイルでお客様にお出ししようとはじめたのが青山シャンウェイ。今から、10年ほど前の話です。

その鉄板を使った青山シャンウェイの料理の中でも、人気なのが「烏龍茶の炒飯」。

通常、炒飯といえば中華鍋をあおって調理するのが一般的ですが、この「烏龍茶の炒飯」は鉄板で調理。極力余分な油を使わずに調理することができるため、炒飯特有の油っこさがなく、さっぱりとお召し上がりいただけると好評です。

具材は、烏龍茶葉と金針菜と非常にシンプルですが、調理の工程で烏龍茶、香りづけでネギ油がはいることで、さっぱりとした中にも香り豊かな一品に仕上がります。

いわゆる通常のチャーハンの部分と、鉄板ならではの「おこげ」を飾ることで、2種類の食感もお楽しみいただけます。

使用している烏龍茶もこだわりの茶葉を使用。香り高く、豊かな味わい、それでいて渋みが全くない凍頂髙山烏龍茶を使用。凍頂髙山烏龍茶は、台湾の高地(標高1,000m以上)で採れ、いわゆる高山茶と呼ばれて烏龍茶の中でも評価の高い茶葉を使用しています。

「いきなり」でも、「シメ」でも絶対の自信をもっておすすめする青山シャンウェイの「烏龍茶の炒飯」。ぜひ一度、お試しください。

2014-06-06 | Posted in おすすめメニュー, お知らせNo Comments » 
Comment





Comment